大原社労士事務所 有限会社Koco・マネジメント

業務案内

大原社労士事務所トップページ > 業務案内 > 人材育成

人材育成

  • 組織活性化
  • 人材育成
  • 労務管理

採用サポート

自社に適した人材を採用することが、採用の秘訣です!

採用で最も重要なことは、現有社員と共に頑張れる人材を見つけることです。
そのためには、適性検査を含め、配属を予定する部署の幹部も含めた面接を実行するなど、「仲間として迎え入れる」ための準備が重要になります。
現状分析、採用時の見極め方、採用後のフォローまで、「自社に適した人材採用」を一貫してご提案します。

支援メニュー
  • 採用計画策定
  • 適性検査CUBIC~適正配置
  • 適性を活かした育成提案

社内教育体制

成長し続ける企業になるためには、社員が成長する仕組みが必要です

“今担当している仕事”が世の中にどのように役立っているのかを明確化し、社員が自分の仕事に誇りを感じられることが社員教育の出発点です。
その上で新しく入った社員を育てる先輩社員が持つべき目標に向けて、どのような手法・考え方で指導するのか指標を作成し、全社で共有することが必要です。
定期的な勉強会を持ち、常に学習することの大切さを自覚し、学ぶことを習慣にして行く仕組みをご提案します。

支援メニュー
  • 社内リーダー養成
  • 教育体制構築

各種研修(新人~幹部)

今、本当に必要な研修をオーダーメイドでご提案します!

全ての学習は「やらされる」より、「自分から知りたい!(学びたい)」というモチベーションが重要です。
「油紙と吸い取り紙」説を唱える大原ですが、学ぶ本人が目を見開いて一言一句を頭にたたき込もうとするモード(吸い取り紙)になることが必要です。
つい居眠りモードに入る(油紙)状態では、どれだけ費用と日時を掛けても、いくら良い講義があったとしても、本人の学びにはなりません。
“社員1人1人の今”をとらえ、社内に還元できる研修をご提案します。

支援メニュー
  • 社内勉強会・定例会議支援
  • 同業種(同職種)研修
  • 社内研修体制構築
  • 若手幹部・経営幹部を育てる研修