大原社労士事務所 有限会社Koco・マネジメント

業務案内

大原社労士事務所トップページ > 業務案内 > 労務管理

労務管理

  • 組織活性化
  • 人材育成
  • 労務管理

ストレスチェック・メンタルヘルス

社員が心身共に健康でしっかり働ける環境(安全衛生)は、全ての企業の基本であり大切です

「命ほど重いものは他にない!」と、本心で想えることが企業の発展を呼び寄せます。安全衛生もメンタルヘルスも、健康であることの大切さ(良い人生をおくる)が原点にあります。
これを軽視し、危険な状況や過度の負荷を押しつけてしまった結果、災害・ケガ・病気などが発生します。
“自分の家族や友人なら”どうなのか?
この立場に立ったとたん社内は安全で過度なストレスからは縁遠いものに変わり始めます。

支援メニュー
  • ストレスチェック義務化対応
  • メンタルヘルス対策
  • 安全衛生委員会
  • KY(危険予知)活動

賃金・福利厚生

社員が生活できる給与+社会保障で、社員の生活を安定させることが大切です

給与は、社員の生活費です。
社員は、その範囲で自分の生活を成り立たせることになるので、結婚や、子どもが成長することも考えた給与体系とします。ただし、給与を上げればモチベーションが上がり続けるということはありません。
金額だけでなく、自分が納得した状況で働けることが重要です。
「出来る社員にはいくらでも出すが、出来ない社員に出す気はないし、すぐにでも辞めてほしい。」という考えは、組織の協力関係を希薄にし活力を奪います。
人間一人一人みな違うという前提に立ち、それぞれの良いところを伸ばそうとする考えに、社員は賛同できるのです。

支援メニュー
  • 賃金制度の最適化
  • 福利厚生

適正な実務処理

社員と共に良い会社を目指すなら、適正な実務処理が信頼関係の基礎となります

経営者が忘れてはならないことは、“社員はしっかり見ている!”ということです。
社会的な諸制度を守り、適正な実務処理をしているかどうかは、「この会社なら安心して長く働ける」と考えるか、そうではなく「いつかこんな会社とは別れる時が来る…」と考えるか、分かれ道の一つとなります。
社員が自分の持てる力を存分に発揮するためにも、社会保険等の加入、給与の支払いなど、社員の生活の変化に応じた処遇を考える会社の姿勢が重要です。社員に信頼される実務支援でバックアップします。

支援メニュー
  • 労働法関連の対応
  • 社会保険手続き
  • 給与計算
  • 社員への説明・フォロー